気持ちよく家を建てるためのお助けサイト

近隣への配慮

騒音問題

家を建てる時には、どうしても近隣に騒音が響きます。
作業に必要な人の声、車の音、工事の音等です。
できるだけ静かに進めたいところですが、実際はそうもいきません。

近隣に住む人は仕方がないことだとわかってはいるのでしょうが、あまり配慮がないと文句を言わざるを得ないでしょう。
例えば、道をふさぐ作業車のせいで出入りがしづらい、きちんと掃除せず道にごみが落ちている、休日にもかかわらず朝から晩までうるさい、工期が長い等、近隣が感じるであろう不満を挙げればきりがありません。

せっかく新しい家を建てるのに、近隣の人とトラブルになってしまっては困ります。
しばらくの間迷惑を掛けることになるので、しっかりと周辺に挨拶へ行く等、配慮を怠らないようにしましょう。

日当たりを気にする

家をどの場所に建てるかによって、日の当たり方が変わってきます。
もしも日当たりが悪ければ、部屋の中がいつも暗くて寒かったり、洗濯物が乾きにくかったりと、あまり良いことはありません。
朝や昼間に下見をする時に、家にどの方角から日が当たるかも確認しておくことが重要です。

また、自分たちの家の日当たりだけを気にすればいいというものではありません。
新しい家は、近隣の家の日当たりを邪魔しませんか?
知らず知らずのうちに家を建ててしまい、近隣の人からクレームが入ったという話を耳にしたことがあります。
しかし、素人目ではそこまで予想するのは難しいものです。
工務店の担当者に相談して、家の設計段階で、近隣に影響はないか一緒に見てもらえれば安心だと思います。




この記事をシェアする
TOPへ戻る